栄養指導

ご自宅に管理栄養士がお伺いして、いわゆる”栄養指導”だけではなく、食に関連するさまざまな相談にお答えします。

『食べること』を最優先に考えQOL(生活の質)の維持・向上に配慮し、安定した療養生活が行えるよう患者様とご家族を『食』の視点からサポートいたします。

概要

双泉会栄養部門

「減塩して・・といわれたけど、具体的にどうすればいいのかしら?」
「飲み込みやすく・食べやすい食事にはどんなポイントがあるのかしら?」など、いわゆる“栄養指導”だけではなく、食に関連するさまざまなご相談にお応えします。

いずみホームケアクリニックでは、患者様一人ひとりの病状と食べやすさに配慮したお食事を手作りしております。
入院中に承った食事・栄養相談で、退院後に困った事が生じていないか、管理栄養士がご自宅にお伺いし、継続的な支援も行っています。

対象

次の病名で、医師が必要と認めた方

腎臓病・肝臓病・糖尿病・胃潰瘍・貧血症・膵臓病・脂質異常症・痛風症・フェニールケトン尿症・楓糖尿症・ホモシスチン尿症・ガラクトース尿症 など

栄養や食事の事でお困りの方

食事中にむせる、最近食欲が落ちてきたなど、栄養や食事の事でお困りの方

特色とサービス内容

安全・安心で楽しみのある食事提供

治療食をご家庭で実際に作る為の、栄養食事相談、調理指導および特殊食品のご紹介をいたします。

摂食・嚥下機能に合わせた食事作りのための栄養食事相談、調理指導および特殊食品のご紹介をいたします。

疾患・体格・年齢などに応じた個別栄養管理

医師の診断結果、相談内容・訪問時に行う身体計測に基づいて栄養状態の評価を行います。

多職種連携による栄養管理

ケアマネジャー、医師、看護師、リハビリスタッフ、介護スタッフと連携してより良い在宅生活に糖尿病や腎臓病の食事療法、血糖値をコントロールするための入院です。
例:褥瘡の方にお勧めしたい栄養補助食品はどのようなものがあるのか等

柔軟性のある食事対応を重視しています。

入院中は、ホスピタリティを重視するように心がけております。

必要に応じた栄養・食事制限の実施

患者様の容態に合わせた食事形態で、医師の指示に基づいてカロリーや塩分などを調整したお食事を個別に対応しております。

利用開始までの流れ

在宅患者様からの相談

相談をご希望の方は、医師または、ケアマネジャーにご相談ください。

医師が記入した「栄養食事相談依頼書(栄養指導指示書)」と「相談申込用紙」を以下の方法でご提出ください。

FAX、郵送、持参、診察時にスタッフに提出

日程調整

いただいた書類をもとに、初回訪問の日程を連絡させていただきます。

初回訪問

お約束の日時にご自宅に伺います。

継続訪問

3 ヶ月を目安に、ご本人様・ご家族、医師の意向を確認しながら継続的に訪問させて
いただきます。

入院の患者様

医師・看護スタッフにお申し出ください。

日程を調整し、必要に応じてリハビリの専門スタッフと一緒にご相談にお応えします。

栄養指導を受けられる施設