事業内容

介護支援部門〈居宅介護支援〉

ケアマネジャー(居宅介護専門員)が介護を必要としている方やそのご家族が住み慣れたご自宅や地域で安心して過ごせるよう、寄り添って支援いたします。

居宅介護支援事業者は、介護を必要とする方が適切な介護サービスを利用できるよう、ご利用者の心身状態や希望、家族からの要望等を伺い、相談した上で一人ひとりに必要なケアプランを作成 や見直しを行います。
さらにサービス事業者や施設との連絡・調整なども行う、都道府県の指定を受けた専門の事業者です。
ここで、実際に相談に応じたり、サービス計画を作成するのが、保健・医療・福祉など介護の幅広い知識を持つケアマネジャー(居宅介護専門員)です。

対象

ご自宅で生活をしていて介護を必要としている方

65歳以上(第1号被保険者)の方原因に関わらず介護が必要となった場合にサービスが受けられます。
40~64歳まで(第2号被保険者)の方健康(医療)保険に加入している方で、特定疾病※が原因で介護が必要になった場合にサービスが受けられます。
※特定疾病とは

加齢との関係がある疾病で、要介護状態になる可能性が高い下記16種類の疾患をさします。

  • ①がん末期(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
  • ②関節リウマチ
  • ③筋委縮性側索硬化症
  • ④後縦靱帯骨化症
  • ⑤骨折を伴う骨粗鬆症
  • ⑥初老期における認知症
  • ⑦進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • ⑧脊髄小脳変性症
  • ⑨脊柱管狭窄症
  • ⑩早老症
  • ⑪多系統萎縮症
  • ⑫糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • ⑬脳血管疾患
  • ⑭閉塞性動脈硬化症
  • ⑮慢性閉塞性肺疾患
  • ⑯両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

特色と介護サービス

居宅介護支援事業は、在宅で生活している高齢者が介護保険の在宅サービスなどを適切に利用できるように、また高齢者やそのご家族の方々が介護で抱える悩み、心配や不安などの相談窓口となります。

また、診療部門、訪問看護部門、リハビリ部門、栄養部門と連携を図り、医療と介護の両面からご自宅での生活を支えていきます。
医療依存度の高い方やターミナルの方の自宅での生活を支えることができます。

  • 介護の相談と申請
  • 介護サービス計画(ケアプラン)の作成
  • サービスの調整
  • 定期的な訪問
  • 認定調査

介護や福祉に関することでしたら何でもご相談をお受けしています。生活上での困ったことや不安、心配、どんなことでも構いません。お気軽にご連絡ください。

サービス提供までの流れPROCEDURE

  • 居宅サービス計画作成等サービス利用申込

  • 当事業所及び居宅介護支援についての説明をします

  • 居宅介護支援に関する同意及び契約の締結

  • ケアマネジャーがご自宅を訪問し、利用者の解決すべき課題を把握します

  • 地域のサービス提供事業者の内容や、料金等をお伝えし、利用するサービス事業者を選んで頂きます

  • 提供する居宅サービスに関して、居宅サービス計画の原案を作成します

  • サービス提供事業者等とサービス担当者会議を開催し、サービス利用の調整を行い居宅サービス計画が確定します

  • 居宅サービス計画に沿って、サービスが開始されます

居住介護支援が受けられる施設